2021.02.24お知らせ

お知らせ一覧へ

行く前に読もう♪ 【温泉の正しい入浴法】

(天気が良ければ岩手山が…)

 

ただ浸かるだけなんてもったいないです!

入り方を知って、温泉の様々な効能をお楽しみください。

 

【そもそも温泉ってなに?】

「家のお風呂と同じでしょ?」という方、いいえ!

温泉は地中に染み込んだ雨水などが、地熱で温められ地表に湧き出たもの。

火山噴水物や岩石、土壌などの成分がたっぷり溶け込んでおり、入浴剤でその濃度にするのは不可能!

また成分により泉質が異なり、効能も特徴も多種多様。

 

(森の風の温泉にサルさんは来ません)

 

【温泉はなぜ身体にいいと言われるの?】

成分による効能はもちろんですが、体調に合うかどうかが大切です。

温熱効果や湯圧による全身マッサージ効果、温泉地で過ごす転地効果が気分転換にもつながり、心身ともにリフレッシュできるのです。

 

(鶯宿温泉街の夜景)

 

【ホテル森の風の温泉効能は?】

ホテル森の風の温泉は単純硫黄泉、俗に「単純泉」と呼ばれ日本で一番多い温泉です。

クセが少なく無色透明。

単純と呼ばれますが効能いろいろの万能湯です。

(森のしずくはアルカリ性単純温泉、こちらも「単純泉」に属します)

◇特徴◇

含有成分が比較的少なく、においがなく刺激も弱いので肌にやさしく、高齢者や湯治にも向いています。

◇効能◇

やけど、切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、月経障害、慢性消化器病、慢性便秘、肝臓病、動脈硬化症、高血圧症、肥満、糖尿病等

◆禁忌症◆

病気や症状がある場合、温泉には入れません。

命にかかわることもありますので、必ずチェック!

急性疾患(特に発熱時)、活動性結核、悪性腫瘍、重い心臓病・貧血症、白血病、妊娠初期と末期、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患等

 

(このへんてこな方は・・・?)

 

【温泉入浴の正しい手順】

入浴タイムをより充実させる入浴の基本手順やマナーで、温泉を大満喫♪

ゆったりリラックスして、思いきりお楽しみください。

① まずは体の先端から「かけ湯」をしましょう。

汗や下半身を流すマナーとしてはもちろん、いきなり湯船に浸かると血圧が上昇するので、足先から湯をかけ身体を慣らしましょう。

② 最初は半身浴、休憩しながら身体を慣らしましょう。

おへその辺りまで3分湯船につかったら5分上がってを何度か繰り返し、徐々に身体を慣らして温まりましょう。

③ 身体を浮かせて、全身リラックスしましょう。

湯船の淵に頭を乗せ、力を抜いて、手足をゆらゆらと動かしてみましょう。

さらにリラックス効果がアップします。

④ 入浴後のシャワー、上がり湯はNG。

せっかくの温泉成分を洗い流さないため、入浴後のシャワーや上がり湯はしないほうが良いとされています。

但し、皮膚が弱い方はシャワーを浴びて。

⑤ 入浴後は安静に。

入浴後は、30分~1時間程度休憩しつつ、しっかり水分補給をして、自然の風で涼しみましょう。

クーラーや扇風機は身体を冷やしすぎることがありますので注意を。

 

(鶯宿温泉のゆるゆるキャラ♪けきょ吉くんです)

 

【入浴に際してのご注意4カ条】

入浴時、してはいけない基本的な4ポイント。

間違うと危険なことにもなるので心得ておきましょう。

① 「飲酒後」、「湯船で飲酒」は、危険度大!

アルコールで血圧が不安定になり、脳貧血や転倒の危険があります。

飲酒後は最低2時間休憩を。

② 食後も要注意!休んでから入浴しましょう。

胃液を流れる血液量を減少させ、消化、吸収機能が低下したり、湯圧が胃腸の働きにも支障をきたします。

③ 運動直後の入浴は、却って疲労の元に。

筋肉に蓄積された老廃物を運ぶ血液が巡らず、疲労が取れにくくなる原因に。

最低30分はあけましょう。

④ 1日の入浴回数は3回まで!

大量発汗、動悸が激しくなるなど、熱めの湯で長湯は、さらに危険です。

額に汗をかく程度に入浴ください。

 

(あ、イヤ、サルはいませんてば)

 

おまけ①【ぬる湯を楽しむ】

森の風の露天風呂は内湯より温度を低めに設定しています。

低めのお湯にゆっくりと浸かる。

「持続湯」とも言われ、身体への負担が少なく、理想的な温泉入浴法です。

 

おまけ②【吸引法で活性化】

森のしずくの温泉はラドンを含有。

気化したラドンを呼吸で体内に取り込むと、微量の放射線が細胞を活性化、新陳代謝を促進させる働きがあります。

 

楽しい温泉旅行をホテル森の風で♪

宿泊プランはこちら ▼

http://www.morinokaze.com/reserve/index.html

 

(天気が良ければ天の川が…)

お知らせ一覧に戻る

ホテル森の風鶯宿

〒020-0574
岩手県岩手郡雫石町鶯宿10-64-1
ホテルグループ
宿泊予約センター
TEL:0120-489-166
代表
TEL:0120-123-389
FAX:019-695-3330

日本ハウス・ホテル&リゾート

  • ホテル森の風 鶯宿
  • ホテル森の風 立山
  • キッズランド
  • ホテル四季の館 那須
  • ホテル森の風 那須
  • ホテル四季の館 箱根芦ノ湖
  • ホテル森の風 箱根仙石原
  • フラワー&ガーデン森の風
  • ホテル東日本宇都宮
  • フルーツパーク森の風

ページトップに戻る